一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

お盆が終わりました。

お盆のお経廻り(棚経)も皆様のご協力のお蔭で無事終えることができました。また例年にもまして、お寺へも多くのお参りをいただきました。誠にありがとうございました。


8月1日の早朝、市内のご寺院様が成美高校横の平和墓地に集まり、戦没者供養の読経を行います。ここから海眼寺のお盆が始まり、14日までで180軒ほどの棚経に廻ります。




13日、お盆の夕方になりますと、皆様が墓前の灯を点けに墓参されます。



16日は丹波大文字です。厚生会館で法要したあと、大文字が点火します。今年も天候に恵まれ無事点火しました。




17日は山門施餓鬼会。合同での初盆法要となります。




お盆行事のあとは地蔵盆です。近年はお盆行事から引き続きの事が多くなりました。

棚経の日程変更等については、随時ご相談ください。また14日午後4時より本堂にて合同法要を行なっておりますので、棚経のない方はぜひそちらにお参りください。


ここ数年のGW(ゴールデンウィーク)は、法務檀務も少なくのんびり過ごしておりましたが、今年の住職はGreat Worksとなっております。 お墓参りなどのご来客も多いので、8日まで本堂を開けてお参りできるようにしております。

なお花祭り(福知山は5月8日)の花御堂は6〜8日のあいだでお祀りしています。あわせてお参りください。


温かくなったり寒くなったりを繰り返していますが、今年の春のお彼岸はよい天気です。


何はともあれ、お彼岸といえばぼた餅! ありかたいことに檀家さんにお供えしていただきました。
お彼岸中はいつもの通り本堂にもお参りいただけます。

お彼岸に先立ってのお彼岸講が15日に行われました。講師は佐賀からお越しいただきました。

春めいてまいりました。

今日は寺割(年会費)会計の決算と監査でした。



会計と監査の役員さんにお世話になり、きっちり監査していただきました。

海眼寺の会計は年会費やお墓の永代使用料をあつかう寺割(年会費)会計と、法事や葬儀のお布施をあつかう一般会計、葬儀の戒名料や施餓鬼の供養金をあつかう祠堂会計に分かれております。

寺割会計は会計担当役員が管理し、監査も担当役員が行います。一般会計は住職寺族の給与を捻出しますので税理士さんに源泉処理などをお願いし、住職が管理・決算します。祠堂会計は貯蓄口座的なもので、将来の堂宇建替などのために貯蓄します。

各会計とも決算後には京都府担当部署へ純資産を報告することが義務となっており、ときおり税務署の査察も入ります。
海眼寺の会計はすべて年末締なので、決算のこの時期は住職もやり繰りに頭が痛いのでした。

平成29年、はじめてのブログ更新となります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

お正月はとても暖かく喜んでおりましたが、先週今週と山陰地方は豪雪に見舞われております。

先週は50センチ、やっと溶けかけたところに今週も30センチほどの積雪です。

例年この時期は、特に遠方からお参りの方には日程の変更や延期をお勧めしたりもしています。天気ばかりはその時になってみないとわかりませんが、くれぐれもご留意頂ければと存じます。

 

また海眼寺の墓地も雪で埋もれている状態です。どうしても墓参したいという方には、事前にご連絡いただければ簡単なお墓の雪かきなどは致します。

また花筒は凍結していると思われます。お寺に声を掛けていただければお湯をご用意します。

 

 


2011年から海眼寺では間伐材を用いた塔婆を使っております。

 

そして塔婆一本につき1000円の塔婆料をお願いすることとし、そのうちの半分である500円を各種社会貢献への寄付とさせていただいております。

 

この一年のあいだでそのようなかたちで募った寄付と、本堂に設置した募金箱の合計が33,325円となりました。

これらの寄付金を、東日本大震災や熊本地震で被災したお寺さんへの支援事業を行っている「全日本仏教会(全日仏)」へ全額寄付しました。

 

年内の檀務もこれで終わり、いよいよ年の瀬です。

 

 



海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR