一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

このブログのタイトルにもなっております、海眼寺の元祖看板娘ことシェットランドシープドックのはな子さんが、11月5日にその生涯を閉じました。13歳でした。

 

ここ数年は内臓に不調を抱え、以前のように元気に走り回ることも少なかったのですが、それでもいつも変わらず家人たちを迎えてくれておりました。最後は穏やかに息を引き取りました。

 

生前には大変かわいがっていただき、本当にありがとうございました。

さてこのブログのタイトル、どうしようか思案しておりますが、しばらくはこのままにしておきます。

 

 

IMG_2481.JPG


「住職のご実家は地震大丈夫ですか?」というご心配の声を頂いておりますが、鹿児島ですので大丈夫です。

ともあれ被災地も海眼寺も、花はお構いないしに盛りを迎えています。



スミレ





シバザクラ





ツツジ





ボタン





エビネラン





観音堂前のモミジはこの季節に紅葉します。





はい、お久しぶりのはな子さんです。

あいかわらず元気にしていますが、齢を重ね「マダムはな子」の貫禄を見せております。



ご近所のピーちゃんも元気です。ピーちゃんは平均寿命が人間より長いので、まだまだ青春謳歌しております。

年度初めの冷たい雨から一転、ここ数日は春らしい天気が続いています。

はな子さんも機嫌が良いようです。ではちょっと由良川の土手まで行ってみましょう。

寺町沿いの土手から、烏ヶ岳をのぞみます。由良川はここ数年続く水害への対策として浚渫(しゅんせつ・川底の土砂の撤去)が予定されていますので、この眺めも数年後にはまた変わるでしょう。

そして土手沿いにある寺町のお地蔵さん。いささか派手なお召し物ですね。

さて海眼寺の境内では、三寸アヤメ。

そしてこの時期の主役、ツツジ。

ボタンもちゃんと咲きました。

はな子さん、もう疲れちゃったの??

 

このブログの主にして、海眼寺の永遠のアイドル、はな子さんです。

やる気がありません。だってせっかくあたたかくなってきたのに外は雨。

はな子様の気晴らしの犠牲になったのは、ちょっとへんな人形。




11111296_1824051184485834_565163521_n.jpg
というか、これなに・・・???

 

みなさま、たいへんご無沙汰しています。はな子です。
IMG_2481.JPG
猛暑、猛暑と毎年耳にしますが、今年はいつもよりも暑く感じますね。
IMG_2246.JPG
花盛りの海眼寺では、アジサイがきれいに咲いていましたよ。
そしてアジサイの見ごろも過ぎた今では、日ごろはお経を読んでいる海眼寺専属の庭師さんが、境内の草木の剪定に励んでいます。
IMG_2278.JPG
若和尚さん、ずいぶん高いところまで登るのね。
IMG_1814.JPG
ちょっと前まではわたしも外に出てそんな姿を眺めていたけれど、この暑さではとても無理です。お墓まいりなどの際には、暑さへの備えを万全にしてお越しくださいね。
IMG_2495.JPG
最近では、ムクゲが咲きはじめていますよ。こんなに夏が早くては、花たちも咲く準備に大忙しでしょうね。
そうそう海眼寺には枯れない花も咲いているんです。
IMG_1732.JPG
玄関にあるボタンといろんな形のくす玉の花。暑さにまいっている花より、いっそ涼し気なくらいね。手先の器用なおかあさんの作品です。
それでは今回はこの辺で。
早めのエアコン! 早めの水分補給! がみんなの合言葉の海眼寺より、はな子でした。

毛皮なのでどうしてもジメジメした暑さが苦手なはな子さん。今年も比較的涼しい母屋にこもりっきりですが、今夏のはな子さんは子守りもやって大忙しなので、余計にお外に出られないのですって。
けっこう頼りになる……かな? 
はな子さんは一瞬たりとも目を離さない優秀な子守りです。

そこで今回はオウムのピーちゃんと由良川の土手に出かけました。
このひと(鳥?)は暑いのは平気。
なぜ由良川に向かったかと申しますと、ただいま由良川の土手はハルシャギクが満開なのです。
もう本当に満開です。肩にピーちゃんを乗せると気分はナウシカです。
ハルシャギクは別名「蛇の目草」とか「蛇の目菊」とか。マダラ模様が特徴です。


さていっぽう、海眼寺はおかげさまで本堂のペンキ塗りなおしが無事終了しました。
ぱっと見、、、以前とまったく変わりません。それでも定期的な塗りなおしで建物は長持ちします。

境内はいまが一番の花ざかり。定番のアジサイ。
もうちょっとで見頃も終わりです。




最近は海眼寺の天候や出来事のことばかりこのブログに載せてばかりで、ここの主であるはな子さんの様子をご報告していませんでした。
「さいきんはな子さんはどうしているのかしら」というお気遣いの声を頂戴もしておりますので、はな子さんにご登場いただきましょう。
ちょっとだけ画像を修正して色白にしておりますが、以前と変わらずとっても元気です。
この半年ほどは庫裏の改修工事がおこなわれておりましたので、奥の仮住まいに引っ込んでおられました。
しかしこのたび無事に庫裏の改修もおわり、いまでは春爛漫の海眼寺境内でフワフワと遊んでおります(庫裏改修の詳細については、設計士さんのブログその1】【その2】【その3にてご紹介いただいております)。
観音堂横のユキヤナギは、春を重ねるごとに枝ぶりが良くなっているように感じます。
海眼寺の春のシンボルとも云えるシバザクラ。玄関前を彩るのが毎春の恒例です。

そして春といえばもうひとつ、ペナントレース開幕、ではなく境内草取りシーズンの開幕です。海眼寺の墓地はさっそく雑草が生い茂っております。今度の連休にでも草取り掃除がてらお墓参りしてみてはいかがでしょうか。



 
はな子さんの長い毛もたなびくほど強い風が吹いています。
春一番とはいきませんが、ここ数日は福知山も暖かい日が続いています。
趣きのある路地を抜けて
寒い冬の時期はめっきり出不精だった副住職も、はな子さんにお散歩に連れていってもらっています。完全にはな子さんがリードしています。
本堂前の梅も一気にはなひらきはじめていますよ。
これはクリスマスローズですね。


もうすぐ海眼寺の庭も賑やかになりそうです。
海眼寺の梅は早々に散ってしまうので、梅見がてらにどうぞお参りください。


今年の冬は雪ばかりですね。

福知山ではこれが普通なのかもしれませんけど、九州出身の副住職にはまさに「雪ばかり」です。
寒いシェットランド島が出自のはな子さんは、雪などへっちゃらです。
ちなみにシェットランド島ってこんなに北なんです。


大きな地図で見る

緯度でいえば稚内よりもサハリンよりも北です。
大好きなおかあさんと「犬は喜び庭駆け回り〜♪」
まだまだ寒い日が続きそうなので、雪で遊ぶ機会もたくさんありそうですね。
あら、毛皮が濡れて寒そうですよ。
そうですかこのぐらい問題ないですか。
みなさんははな子さんのマネをしてカゼなど召しませぬよう。



 
今年もよろしくお願いします。


海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR