一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

「愛犬・愛猫などのペットといっしょにお墓に入ることはできますか?」という問い合わせがあります。ペットを家族と同じような、いやむしろそれ以上の存在と考えるかたはたくさんいらっしゃいますから、当然そのようなご希望があるでしょう。

「にくったらしいダンナよりもかわいい愛犬愛猫といっしょに墓に入りたい」という気持ちも判らないではありませんし(笑)最近では不法投棄などの痛ましい事件が多発し、社会全体でなんとかしようと考えられるようにもなってきています。

では海眼寺ではどうしているのかと申しますと、結論から云えば、海眼寺墓地ではいまのところペットの埋葬や墓への合葬はお断りしています。



理由として、まず埋葬法の違いがあります。

海眼寺は住宅地にありますので、ペットといえども火葬してもらわないと衛生上問題があります。

また、現在では迦陵塔(かろうとう・「◯◯家代々」タイプの墓石)の下に骨つぼごと遺骨を埋葬するのが多いのに対して、福知山では夫婦墓(ダンナさんと奥さんだけ、もしくはごく限られたご家族だけの墓)の下に、骨つぼから遺骨を取り出して直接土に還すという埋葬がまだ多くあります。だんだんと迦陵塔タイプも多くなってきていますが、ご家族の遺骨がすべて混ざって土に還るという墓地の形態はずっと保たれているのです。

ですからご先祖様が眠る土にペットの遺骨が混ざることについて、当の本人はよくても他のご家族やご親戚の同意を少なくとも得なければならない、ということになります。

次に、そもそも人間の遺骨と動物の遺骨を同じ場所に埋葬することについて、世間一般の合意が得られているかどうかも考えねばなりません。海眼寺に限らず墓地は他のひとも利用する公共の場所です。そのことについてもう少し議論が深められる必要があろうかと思います。

以上のことをふまえて、現段階ではペットの埋葬や合葬はしていただかないようお願いしています。

むろん今後は「動物供養塔などを設けてそちらに埋葬していただく」などの方策を考えることがあるかもしれません。


あたしのお墓はどこに建てんのよ。ちゃんと考えなさいよ。


はい、すみません。考えます。





海眼寺の墓地管理規約です。
簡単に抜粋し、口語に書きかえておきます。
全文については海眼寺までお問い合わせください。

宗教法人「海眼寺」墓地管理規約(概略)
  • この墓地は海眼寺がその所有権を有します。(墓地の使用者には所有権はありませんが、半永久的に借りる権利【永代使用権】があります)

  • 墓地使用者は基本的に海眼寺の檀家に限ります。

  • 墓地使用者は墓地を清浄なるものとして扱い、壊れたら自分で修繕し、清掃・除草する義務を負います(お墓はちゃんと掃除しましょう。壊れたら他のお参りの人に迷惑がかかりますからできるだけ早く修理してください)

  • 海眼寺の儀礼および慣行を無視したり、墓地で、他宗教、他宗派の典礼その他の宗教行為を行ったら墓地が使用できなくなります。(海眼寺のお墓なので、他の宗教のお墓は基本的に建てられませんし、仏教以外での儀式はできません)

  • 墓地使用許可が取り消されたときは、墓地使用者はただちに墓地上の墓碑その他の工作物を撤去し、海眼寺に返還しなければなりません。(墓石の設置も撤去も海眼寺では一切関与しません。各自で行ってください)


「〇〇はダメ」みたいなことしか述べませんでしたが、とってもオーソドックスな普通のお寺の墓地となっておりますので、なんなりとご相談ください。



1

海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR