最近はお寺さんでも座布団にすわるのをやめて、イスを用いるところが増えました。
座布団にすわるのが悪いとは一概には云えません。むしろお寺に来たときぐらいは正座してもよいでしょう。
しかしお寺はガマンしに行くところではありませんし、正座がいやでお寺への足が遠のくのでは困ります。

海眼寺でもここ10年ほどで、ほぼすべてイスになりました。ところがこれまで机は正座して使う座卓しかありませんでした。
ということで、イス用の机をいつかは揃えなければなぁと思案していましたが、このたび既存の座卓にシークレットブーツ?を履かせることにしました。


こちらがそのシークレットブーツ。


こちら今まで使っていた座卓。10年ほど前に篤志の方に寄付していただいた既製品です。15脚あります。


さてシークレットブーツをほどよい幅に置きまして、、、


ゴンと上からはめ込んで完成。


これまた本堂で使っているイスにもぴったり。上からはめ込んでいるだけなので持ち上げたら外れます。

多少ぐらつきます。既製品とはいえ個体差もあるので、すべてがバッチリとはいかず「100点満点で85点」といったところでしょうか。完璧とは云えないかもしれませんが、費用のこともありますし、せっかくある座卓を活用することを考えたら最善策だと思います。

今回は福知山のARIAさんにいろいろとお世話になりました。勝手な注文も快く引き受けていただきありがたいことです。

ARIAさんは、大手の家具量販店が一世を風靡するなかで、国内外の良質なメーカーの家具やオーダー家具を手掛けてらっしゃいます。すばらしい展示スペースで現物に触れることができるのもすばらしい。

 ARIA −家具とインテリアのお店ー  http://aria-kyoto.jp/

というわけで、この新型机は来る3月18日の彼岸講でも使います。午前中から講師さまの法話、そのあとこの新型机でみなさんで昼食をいただきます。昼食は毎度おなじみまるげんさんの特製弁当ですので、みなさんぜひご参加ください。

 まるげん ー福知山の精肉店ー      




 

  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR