一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

フェイスブックやインスタグラムはちょこちょこと更新するのですが、このブログは約二ケ月もほったらかし。

誠に申し訳ございません。今年は例年通りの気候とはいかず、いつまでも暑かったり大雨が続いたり。それでもお盆、お彼岸となんとかつつがなく務めることができました。

 

ということで、お盆以降の出来事をいくつかご紹介します。

 

九月末には、独秀流御詠歌の大会が、出石の芝居小屋『永楽館』を会場にして行われました。御詠歌については→こちら

日ごろは芝居や演劇が行われる木造の古い舞台に立つ機会はなかなかありません。気分は歌舞伎役者?

永楽館ホームページ http://www.izushi-tmo.com/eirakukan/

講員さんもいつもとは違う雰囲気を楽しんでおられました。

 

 

 

十月には福知山市仏教会主催の研修旅行に、海眼寺からも十九名のご参加をいただきました。

今年は比叡山の山々を借景にした庭園で有名な京都岩倉の圓通寺様、そして紫野の臨済宗大本山・大徳寺様をお参りいたしました。

 

日ごろは非公開、一般の方はお入りいただけない場所にもドンドン入っていきますよ。

これは大徳寺方丈。建物は国宝。目の前は特別史跡の庭園。後ろには狩野探幽の襖絵。のんびり過ごしていただきました。

こちらは太閤秀吉の邸宅・聚楽第の門を移築した国宝の唐門。木戸を開けていただいて間近で見学しました。

 

 

さてこちらは、相も変わらぬ海眼寺。

国宝も宝物も何もありませんが、それに代わってシュウメイギクが満開です。

こちらは赤。

フジバカマも満開で、蝶もちらほら。

だんだんと秋も深まってきました。年末まであっという間です。

 


  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR