一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

今日は寺割(年会費)会計の決算と監査でした。



会計と監査の役員さんにお世話になり、きっちり監査していただきました。

海眼寺の会計は年会費やお墓の永代使用料をあつかう寺割(年会費)会計と、法事や葬儀のお布施をあつかう一般会計、葬儀の戒名料や施餓鬼の供養金をあつかう祠堂会計に分かれております。

寺割会計は会計担当役員が管理し、監査も担当役員が行います。一般会計は住職寺族の給与を捻出しますので税理士さんに源泉処理などをお願いし、住職が管理・決算します。祠堂会計は貯蓄口座的なもので、将来の堂宇建替などのために貯蓄します。

各会計とも決算後には京都府担当部署へ純資産を報告することが義務となっており、ときおり税務署の査察も入ります。
海眼寺の会計はすべて年末締なので、決算のこの時期は住職もやり繰りに頭が痛いのでした。

  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR