一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

「四十九日(忌明)の法要は三つの月にまたがってはいけない」ということが云われたりもします。つまり四十九日の法要は亡くなった日から三つの月にまたがらないうちに行なわなければならない、ということです。けっこうよく頂戴するご質問です。

これは「不幸が身に付く」と「三つの月」との語呂合わせです。ここには死をケガレとして忌み嫌う独特の死生観も反映されているのでしょう。

それにしても日本人は本当に語呂合わせが好きですね。それならば「故人の教えが身に付く」ということも云えるわけで、あまり気になさらなくてもいいと思います。そもそもほとんどの場合、四十九日は三つの月にまたがっちゃうのですから、ずいぶんと無理な話ですよ。


  • -
  • -
  • -
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR