一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

以下の法要の流れは海眼寺のものです。仏事は地域や宗派、各寺院によって大きく異なりますので、他のご寺院様での法事のさいはその都度ご確認ください。

  • まず法事のお申し込みを、お電話で結構ですので海眼寺までご連絡ください(このブログでは一切受け付けません)。やはり土日は法要希望が重なる傾向にあります。お早めに。

  • 法事は基本的に命日の前に行ないましょう。

  • 複数の年忌が重なる場合は一緒に法要していただいてもいいでしょう。ただし四十九日は一般的に単独で法事をされます。前後の年に複数の年忌がある場合はご相談ください。

  • 当日の法事は、まずご自宅の仏壇で読経し、そのあと皆さんでお寺にお越しいただき「寺まいり」をします。本堂で簡単な読経を行います。寺まいりのあとは塔婆を持ってお墓にお参りします。

  • 現代のお坊さんは、法事であろうが葬儀であろうが、自分でクルマを運転してどこへでもうかがいます。しかしご自宅で年忌の法事をされる場合、もしお坊さんの送迎をしていただけるとありがたいです。クルマのない時代は「坊さんを歩かせるなどもってのほか」と馬や駕籠や人力車が迎えに来ていたそうです。いまとなっては馬で迎えに来られても困るのですが(笑)そういうことを口うるさく言うご老仁も少なくなりました。そういう習慣があるということだけでも記憶しておいていただければ幸いです。

  • 自宅でできない場合などは、お寺の本堂でのみの法事となります。本堂で読経したあとお墓参りをします。

  • 遠方の方は福知山までお越しいただくか、こちらからご自宅に伺って法事ということになります。お墓が福知山にある場合はせっかくですから墓参りも兼ねて、お越しいただいたほうがよいでしょう。

  • お墓はできるだけ事前に掃除をしておきましょう。

  • 不明な点はお寺にお気軽にご相談ください。不明なままで当日トラブルになるよりは、どんどんお坊さんに質問しましょう。

  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR