一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -

ご身内が不幸にも亡くなられたとき、平常心を保つのはなかなか難しいものです。日頃から準備するのもまれですし、どうすればいいのか迷ってしまうのも当然のことだと思います。

そんなときはまず菩提寺に連絡してください。そのための菩提寺です。

あなたが海眼寺の檀家さんなら海眼寺に連絡してください。そのために海眼寺があります。

どこが菩提寺か判らない場合は、とりあえず何かの縁で知っているお寺に連絡してみてください。誠意あるお寺ならどこでもそれなりに対応してくれるはずです。

もし仏教式の葬儀を執り行いたければ、お寺さんといろいろ相談しなければなりません。

はやめに葬儀屋さんにも連絡してください。葬儀屋さんはご遺体を引き取るための車の手配などをしてくれますし、ホールや火葬場の手配をしてくれます。ただし最近では葬儀屋さんにも善し悪しがあるようですのでご注意を。

葬儀の日時はご遺族とお寺と葬儀屋さんとで相談して決めていきましょう。



よくあるご相談では、

「◯月◯日◯時から葬儀を行いますので来て下さい」
→申し訳ありませんが、お寺にも都合がありますのでご希望に添えない場合もあります。もちろん最優先で日時を調整いたします。


「葬儀は他のお寺さんや他の宗教でやってもらったのですが」
→今後の供養なりお墓の管理について、ご家族ご親戚とよく相談してください。もし他のお寺さんなどで今後ずっと供養して、位牌などもそちらで管理してもらいたいのであれば、そのお寺さんの檀家・信徒になったほうがいいでしょう。
その場合、もともとが海眼寺の檀家ならば「檀家をやめる(離檀)」ということになります。それがご家族ご親族の総意ということであれば海眼寺としてお引き留めすることはありませんが、海眼寺にお墓がある場合は申し訳ありませんが「海眼寺墓地規約」に基づいて撤去していただくことになります(規約についてはこちら)。

どこのお寺さんでもそうですが、あわてて他で葬儀をやってしまう前に、まず菩提寺に相談するのが原則でしょう。



「福知山以外でも葬儀していただけますか」
→もちろんです。海眼寺では基本的にどこでもお参りにうかがいますよ。






  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR