前回のエントリからはや四ヶ月、あっという間にお盆の季節となりました。
お盆には棚経(たなぎょう)という行事があります。
お寺のお坊さんは檀家さんの家を一軒一軒廻り、仏壇に手を合わせお経を唱えます。地域やお寺によってやり方は様々ですが、多くの場合一日に何十軒も廻りますので、お坊さんは忙殺されます。またお迎えいただく檀家さんもお坊さんが来るのを待ち構えなければなりませんので大変です。それでも「お盆だからやっぱりお経を唱えてもらわんと」という意識もいまだ健在しているようです。

しかし近年は、お盆といってもお忙しい方が多くなりました。世間は大型連休まっさかりですから、ご商売をされている方やサービス業でお仕事をされている方は、お休みではなくむしろ稼ぎどきというべきでしょう。当然、棚経(お盆のお経廻り)もなかなか日時の都合がつかない檀家さんがおられます。そもそも、どうしてもお経廻りができない遠方の檀家さんも年を追うごとに増えてまいりましたし、お盆に合わせて実家に帰省し、お墓参りをするという方も多いでしょう。

どのようなかたちでお盆の供養を続けていけるか、お寺としてもいろいろ試行錯誤をしていますが、さしあたり本年より海眼寺にて合同で棚経を行うことにしました。本堂にてご参加各家合同で棚経をお唱えします。日時は八月十四日午後四時からです。ご希望の方は、当日海眼寺にお参りください。事前申込は必要ありません。お経の時間は二〇分ほどの予定です。あくまでも各家の仏壇でお唱えする棚経の代わりですので、できるだけ各家の仏壇にある位牌をご持参のうえご参加ください。


  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
出水中央高校卒業生の古屋です。テレビで住職の方が芝原三裕さんという方でしたので、もしかしたらと思ってコメントしてみました。
  • 古屋 亜希子
  • 2014/08/17 7:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

海眼寺の紹介とアクセス




記事の検索

--------------

記事の種類

--------------



最近のコメント

others

PR